普通の子が7歳から自宅で算数 10歳で数検3級に合格 テキスト、手作りプリント、勉強のコツご紹介!

小6算数|速さ・時間・距離の式をイメージで教える|算数検定6級

速さ・時間・距離の計算|簡単な覚え方

うちの子供の場合、計算方法を覚えることは、イメージ図の助けもあってそれほどは苦労しませんでした。

この単元より以前に、割合の単元でだいぶ苦労して、似たような計算のイメージを活用できるようになっていたからだと思います。

割合の単元は5年生の範囲ですが、6級でも出題される可能性がある単元でので、もし苦手意識があるようだったり、理解が浅いかなというふしがあった場合には、こちらもしっかりと学習しておくと良いでしょう。

イメージ図は似ているので、しっかりと学習することによって、速さや時間の計算の理解も早まるかもしれません。



「みはじ」と「きはじ」と「はじき」

速さ・時間・距離の計算には、簡単な覚え方があります。

割合の計算方法「くもわ」と似た覚え方です。

関連記事

割合の問題の解き方の簡単な覚え方 「く・も・わ」は「くらべる数・元になる数・割合」 割合の問題は、算数検定では7級(5年生で習う範囲)で出題されます。 割合は、「くもわ」の図で解法を覚えさせてあげるのが塾などでは定番なようで、学習[…]

ratio-caculation-mathematics

速さ・時間・距離は、「みはじ」か「きはじ」で覚えると簡単です。プリントも「みはじ」と「きはじ」2種類用意しています。どちらも同じ計算をあらわします。お好みのほうで覚えさせてあげてください。

「はじき」で覚えるのもありですが、「はじき」だと割合の計算方法の「くもわ」を覚える際の平仮名を配置する順が異なってしまい、混乱を生じます。この説明だけでもだんだん自分でも混乱してきます。見れば分かりますので、ご覧ください。



「みはじ」の図は、「道のり・速さ・時間」を表す

まずは「みはじ」の図です。図の中の「みはじ」の平仮名は、「道のり・速さ・時間」を表しています。

この図で、「みはじ」の平仮名のうち、計算したいものを指で隠せば、その計算方法が分かるというものです。

たとえば、道のりを計算したいときは、「み」を指で隠せば、「は(速さ)×じ(時間)」が計算方法だと分かります。

また、「じ」の「時間」を計算したいときは、「じ」を指で隠せば、「み(道のり)÷ は(速さ)」だということがわかります。また、この割り算は分数で表せば、「は」分の「み」ですが、その分数もこの図で表されています。

「みはじ」のイメージ
B5サイズPDF



「きはじ」は距離・速さ・時間

次は「きはじ」ですが、単に道のりという言葉が距離に変わっただけで、計算方法自体は全く同じものです。

計算方法も上に紹介した「みはじ」と全く同じで、たとえば「は」の速さを計算したければ、「は」を指で隠します。

すると、「き」÷「じ」であることがわかります。また、この図を分数として見れば、「じ」分の「き」であることも分かります。

distance-caculation-mathematics2

「きはじ」のイメージ
B5サイズPDF



まとめ

速さと時間と距離の計算は、「みはじ」か「きはじ」で覚えてしまえば、あとは文章を読み解くだけです。

読み解くのは文章題をやり込んでパターンに慣れていけばよいでしょう。

ただ、このやり方に頼ると、「みはじ」「きはじ」ともに、その言葉や配置を忘れてしまうと、とたんに解法が分からなくなってしまいます。

まずは「みはじ」「きはじ」を忘れないこと。「見る、はじ」、「木、はじ」とどちらでも良いので、挿し絵を思い出して、忘れないようにしましょう。

そしてとても大事な平仮名の配置は、漢字を書くときの順と同じ、上からと左からであることを忘れなければ、計算方法を忘れてしまうこともないでしょう。