普通の子が7歳から自宅で算数 10歳で数検3級に合格 テキスト、手作りプリント、勉強のコツご紹介!

国語力|マンガの続き読みたい → 読書大好きに

文庫本では続かなかった読書習慣

きっと世の中には本が好きでしょうがない子もいるんでしょうが、うちの子は小学4年生までそんな片鱗はありませんでした。

国語がそれほど得意じゃないと気づいてからは、少しでも読解力アップの足しになればと、角川つばさ文庫の小学生が好きそうなタイトルを色々と読ませてみたりもしました。

好きこそ物のとあるように、読書好きになって自分からすすんで本を読むようになってくれればと願っていたのですが、うまくいきませんでした。

怪盗レッドなんかの有名タイトルは割と自分からもどんどん読んでいましたが、他のタイトルにはそれほど興味を引かれなかったらしく、怪盗レッド以外は、読むように言われているから読むという感じで、文庫本では毎日の自発的な読書にはつながりませんでした。

怪盗レッドのシリーズは楽しんで読んでくれたのですが、読み終わってしまってからはまた読書から遠ざかってしまいました。

変身!読書大好きっ子

ところが、ある日を境に大の読書好きに変身します。

たまたまどこかで読んだマンガが面白かったらしく、続きが読みたいと言われて探したのですが、どうやらマンガではまだ続きが出ておらず、続きは原作の小説でしか読めないもののようでした。

その小説は無料で読めるようだったので、試しに読んでみればと薦めてその日は終わりました。

その後しばらくして、子供が静かにタブレットを使っている時間が多いことに気づきました。たいてい、子供がタブレットを使っていると、動画やらゲームの音が聞こえていたのですが、静かに画面を見て、ときおり「おぉー」とかなんとか感嘆している様子でした。

そうです、うちの子は、タブレットを使って、小説を読みふけっていたのです。

お試しで小説を読むよう薦めた日を境に、もともとマンガで読みたがっていたタイトルの小説はもちろん、その他の小説も次々に読破していき、今ではタブレットを使うほとんどの時間を読書に費やしています。

ライトノベルって何?

うちの子供が夢中になって読んでいるのは、いわゆるライトノベルと呼ばれる小説です。

若い世代の読者をターゲットにした読みやすい内容で、主人公が異世界へ転生して活躍するといったファンタジー的な内容のタイトルが多くあります。

マンガ化したりアニメ化する作品も多く、うちの子に言わせると、アニメになっている作品のほとんどは原作を一度は読んだことがあるそうです。

有料?無料?

ライトノベルに分類されるタイトルは非常に多くあり、全話が無料だったり一部が無料だったりと、価格の設定も色々とあります。

人気が高く面白いものは有料なことが多いのですが、アマゾンの Kindle Unlimited ではそういったタイトルでも無料で読めるものが多くあっておすすめです。

人気の小説はダウンロード版でも1巻で1000円以上したりしますが、Kindle Unlimitedなら、月額980円で読み放題です。

ライトノベルは小学生でもサラサラと読めてしまう作品が多くあるので、どうせ1話購入するなら、読み放題がおすすめです。

うちの子の場合、これに加えて無名の新人さんが小説を毎週投稿している、アルファポリスのようなサイトで、好みの作品を探したりもしています。

好みの作品を見つけると、面白いの見つけたーと喜んで報告してきます。

まとめ

子供が高学年になってからは、まんべんなく色々な科目の勉強が毎日できるよう、各科目どれだけ短時間で勉強を終わらせられるかを気にかけていました。

国語の学習に関しても、イヤにならずに毎日続けられることを最優先に考え、5分~15分程度の短時間で1単元が終わるテキストを何冊かやらせていました。短いときは10分程度、どんなに長くても1時間程度の学習です。

そんな調子なので、数時間の読書を毎日の勉強に組み込むなんてことはとてもありえませんでしたが、ライトノベルと出会ってからは、自発的に毎日数時間の読書をしてくれるようになりました。

国語に関しては、テキストと読書を1年ほど続けた結果、以前とはくらべものにならないくらい上手な作文やレポートを書くようになりました。

テキストを続けられたのも良かったと思いますが、ライトノベルで積み上げた膨大な読書量も、国語力の一助になっているのではないかと思います。